bicycle
カードマジックを行ううえで覚えておきたい基礎。

必要な道具

プレイングカード(トランプ)

カードのブランドはBICYCLEをお勧めしますが、100円均一のトランプでも問題はありません。必要な道具はプレイングカードのみですが、演じるマジックによっては様々なカードが必要になる場合があります。一例としてあげておきます。

レギュラーデック・・・
通常使用される何の仕掛けもしていないカード(デック)をレギュラーデックといいます。
ギミックデック・・・
レギュラーデックとは別に仕掛けを施してあるデックをギミックデックといいます。
マークドデック・・・
裏(バック)からみて表が何かわかるようになってるデック。
ストリッパーデック・・・
カードが台形に加工されてるデック。

というように様々な仕掛けを施したデックがあります。必ずしも必要というわけではありませんが、あれば面白いマジックを演じることができます。またギミックデックは自作もできるので、自分で考えて作ってみるのも面白いかもしれません。

カードの各部・名称
bicycle_name
エンド・・・
カードの辺の短い部分、上下ともエンドといいます。
サイド・・・
カードの辺の長い部分、両方ともサイドといいます。
コーナー・・・
カードの角の部分をコーナーといいます。

他にも4種類のマークの事をスルトといったり、数字とスルトの集まりをインデックスといいます。まだ他にあるのですが、一応必要な部分のみ書きました。

デック全体の用語

デック・・・
プレイングカード(54枚)の集まりをデックといいます。 
トップ・・・
デックやパケットの一番上をトップといいます。
ボトム・・・
デックやパケットの一番下をボトムといいます。 
パケット・・・
デックをいくつかにわけたカードの集まりをパケットといいます。

以上がカードマジックの基礎となります。おおざっぱに必要な事のみ書いたので後日改めて記述します。